ハミルSTORY

映画ノート・お絵描き・お話し

ハミルカンパニー12

ハミルカンパニー12

f:id:hamiru0818:20240515004103j:image
f:id:hamiru0818:20240515004101j:image

愛知県名古屋市に本社を構える
文房具メーカー

業界中位
4〜6番手に位置する
中堅企業である

本社営業部2課
課の長をミナア
今春4年目を迎えたシュン
同じく4年目のメロン
係長のチャリル
他、課員2名
計6名

先般
営業のシュンと
営業事務のメロンの
職務転換が行われた

営業のメロン
営業事務のシュン

配置転換には少なからず
メッセージが含まれていることが通常だが
詳細までは自身で読み解く他はない

シュンには些か
問題があった
営業能力の欠如
得意先の経験豊富な輩達は
4年目の弱弱しげな青年を
他社の猛者との比較
頼りない営業MANと断定していた

さて
同様の評価が
人事部でも下され
シュンの進退を問われる

課長ミナア
人事部から
介錯を命じられた

メロン
4年目の女子社員
今般営業事務から営業へ
契約社員
正社員契約を希望
仕事ができる才女
明るく人の懐に入り込む天賦
本質的な能力で言えば
課員でも1,2を争う
ミナアは見ていた

人事部である
ミナアがシュンの首を取った折には
メロンの正社員契約が約束された

シュンを殺して
メロンを昇らす

シュンを生かして
メロンを停めるか

・・・・

知恵を巡らす
知恵とは言えぬ蛮業ではあったが

ミナアは
自身の首を差し出した

先に記した
配置転換である

営業 メロン
営業事務 シュン

異常値とも言える
販売達成を実現する

両名を生かし昇す

・・・・

強引な配置転換を
断行したミナア課長

失策の折には

・人事部と営業部・

自首

#ミナア
#シュン
#メロン
#チャリル
#ハミルカンパニー